パッシブエアコン PassivAircon

パッシブエアコンの家とエアコンの組み合わせでこんなに快適になるんだ!

パッシブエアコンの家とエアコンの組み合わせでこんなに快適になるんだ!

住まいの温熱環境を科学する。

住まいの温熱環境を科学する。

住まいの温熱環境を科学する。
パッシブエアコンという新発想。
建築と一体で考えられたパッシブエアコンなら、不快な風や屋内の温度差に悩まされない、快適な温熱環境をつくりだします。
熱と空気をデザインするOMソーラー30年の実績から生まれたエアコンを、これからの日本の家の標準へ。

パッシブエアコンのある暮らし

わたしたちは皆、知っているはずです。暖かい空気は下から上に移動し、冷たい空気は上から下に移動することを。でも、空気の流れをデザインするのがとても難しいことは知られていません。
壁掛けエアコンや床下に設置したエアコン1台を稼働するだけでは、実際には足元だけ寒かったり、頭のまわりだけ暑すぎたりと、身体への負担も大きく、とても不快なものです。
パッシブエアコンは、パッシブデザインの要素を採用した家の小屋裏に設置され、ダクティングにより冬は床下から暖房を、夏には天井から冷房することで屋内の温熱環境を一年中快適に維持します。建築と空調設備が一体で計画されることで、屋内も屋外もすっきりと収まり、そのうえ煩わしい日々のお手入れも1台分。これからの暮らしを、シンプルで快適なものへ導きます。

小さいお子さんにも安心です冷暖房時の空気が家全体にやわらかく広がるため、小さいお子さんにも安心です。

の空気の流れ
の空気の流れ
冬の空気の流れ
夏の空気の流れ

の空気の流れ

冬は足元から家中ぽかぽかヒートショックの心配も無用! パッシブエアコンによる暖房の特徴は、暖かい空気が足元から全館へ流れること。屋内全体がムラなく温められるので、足元が冷えてしまうこともなく、部屋ごとの温度差によるヒートショックの心配もありません。冬は床下から家中ぽかぽか

冬の空気の流れ
  1. 1床吹き出し口 エアコンで温められた空気はダクトを通り床下へ送られ、床に設けられた吹き出し口から暖かい空気が室内に放出されます。床吹き出し口
  2. 2ダイレクトゲイン 冬の低い日差しを室内へ呼び込みます。

の空気の流れ

夏はサラリとした涼風で高原のような心地よさを実現 局所的な冷房でなく、冷たい空気を頭上から屋内へ均一に送ることで、最適な温熱環境を実現します。

夏の空気の流れ
  1. 1天井吹き出し口 夏は天井に設けられた吹き出し口から冷気が放出され、冷たい空気がゆっくり下へ移動します。天井吹き出し口
  2. 2広葉樹 夏は緑のカーテンとして適度に日差しを遮ります。

パッシブエアコンとともに楽しむ暮らし パッシブエアコンとともに楽しむ暮らし 住まいの快適さを設備や断熱性能で得るだけでなく、夏の日射を深い軒や広葉樹・緑のカーテンで遮蔽するといったパッシブな工夫を楽しむこと。パッシブエアコンを建築と一緒に計画することと同様に大切なことです。

5つのパッシブデザインの要素を採り入れた家へ

パッシブデザインの家は、パッシブの5つの要素、「断熱」「日射遮蔽」「昼光利用」「日射熱利用」「自然風利用」それぞれを高い次元で実現することで、自然エネルギーを活用しながら快適な住環境を生み出します。
パッシブデザインの家に最適な空調設備が、パッシブエアコンです。

俯瞰図

パッシブエアコンの特徴

ワンポイント
実は最も電力消費が多いのはエアコン起動時です。
オンオフを繰り返すのはかえって電気の無駄遣いになるのです。

パッシブエアコンの心地よさは、
夏と冬だけではありません。

一年を通じて、快適をつくりだすパッシブエアコン。
東京都のとある住宅をモデルにシミュレーションしてみると、月平均の電気代はわずか3,000円程度。

シミュレーション結果のグラフ 一年中快適な温熱環境!
シミュレーション条件
Passiv Aircon YA-5638SVHを設置
所在地:東京都東村山市/延床面積:96㎡/対象範囲:92㎡
建物断熱性能:外皮平均熱貫流率(基準値)[W/(m2K)]UA値=0.54(0.87)、熱損失係数(基準値)[W/(m2K)]Q値=1.9(2.7)
電気料金:2015年9月現在の東京電力電化上手の電気料金単価、暖房運転時:設定室温18℃、冷房運転時:設定室温28℃
気象データは標準年モデルを使用

パッシブエアコンとの併用で
「更なる快適」を実現するアイテムたち

パッシブエアコンには、心地よい温熱環境を実現しながら、更なる快適を実現するためのアイテムが用意されています。
新築時はもちろん、リフォームでも、パッシブエアコンと併用しながらより良い住環境を構築していくことができます。

パッシブエアコン

製品仕様はこちら(PDF形式)

パッシブエアコンはカーボン・オフセット
「クレジット付製品」です

カーボン・オフセット

パッシブエアコン1台につきCO2 50Kg分カーボン・オフセットを実施することで、温室効果ガスの排出削減に貢献しています。

環境省 カーボンオフセットの定義

市民、企業、NPO/NGO、自治体、政府等の社会の構成員が、自らの温室効果ガスの排出量を認識し、主体的にこれを削減する努力を行うとともに、削減が困難な部分の排出量について、他の場所で実現した温室効果ガスの排出削減・吸収量等を購入すること又は他の場所で排出削減・吸収を実現するプロジェクトや活動を実施すること等により、その排出量の全部又は一部を埋め合わせることをいいます。

パッシブエアコンは24時間自動運転

パッシブエアコンなら24時間365日、面倒な設定をする必要はありません。
住まい手のライフスタイルに合わせた「おすすめタイマー運転」の3つのモード。毎日、決まった時間になると自動的に通常運転(暖房・冷房・除湿運転)、終了時間になると住まいの温度を保ちながらキープ運転で省エネルギー・省コスト。冬季(暖房運転時)は部屋間のヒートショックを和らげ、夏季(冷房または除湿運転時)はカビやダニなどの発生を抑制させます。

パッシブエアコンは24時間自動運転

お手入れ・メンテナンス

  • 日常的なお手入れとしては、1〜2週間に一度、グリル等のお知らせがでますので、掃除してください。吸込グリル・吹出グリル・エアフィルタを取り付けずに運転すると埃が内部に入り、汚れや故障の原因となります。必ず取り付けてください。
  • 数年間ご使用になりますと、屋内ユニットの内部が汚れ、能力低下の原因になることがあります。日常の手入れとは別に定期点検を受けることをおすすめします。詳しくはお買い求めの販売店にご連絡ください。
  • 屋内ユニットの内部クリーニングは、お客様ご自身で行わずに必ずお買い求めの販売店にご連絡ください。

3つの吹出口から冷房・暖房・除湿、そのうち1つは床下暖房専用に設定できます。エアコン本体は小屋裏に設置されるため、屋内スペースがすっきり広々します。